水の基礎知識をここで勉強しよう

ウォーターサーバーを導入する時に、多くの人たちが迷うことは、RO水にしようか、天然水にしようかと言うことです。でもRO水の意味などしっかり知っていなければ比較なども出来るはずはありませんし。

RO水ってなんなのだろうか

RO水は、RO膜処理を施した水のことを言います。Reverse Osmosisで、RO水です。それは逆浸透膜とも言われ、 0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターです。このフィルターを通して不純物質をとことん排除して作られたのが、RO水と言うことになります。

RO水がどのような水かと言えば、水道水など選択することよりも間違いなく綺麗な水であることをさします。しかし綺麗な水だから美味しいと言うことではない為に、販売される段階でミネラル分を添加するケースも多いと言われています。敢えてここには採水地を特定するという必要はありませんし、このような水は、人工的に作り出すことができる為に、かなり低価格だと言うことも大きなメリットなのではないでしょうか。

天然水とは何か正確に知っている?

もう一方には、天然水と言うものがあります。天然水は、 ろ過や沈殿、加熱殺菌と言った以外の物理的かつ化学的処理を行っていない水のことを言います。それは特定水源より採取された水のことです。

天然水と言えば極々全然の水と言うイメージを持つ人たちも多いと思いますが、 安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌などをしっかり行ったレベルで、それを天然水と言います。そこに不純物があれば排除された形で私達の家庭に届きます。 もちろん天然水も何百年にかけて濾過され続けている水ゆえ、綺麗な水と言うことは出来ます。

私達はRO水か天然水のどっちを選択すればいいのか

私達は、RO水と天然水をどっちを選択すればいいかと言うことですが、どちらも私達が安全に飲むことが出来るように作られている水と言うことでは間違いはありません。ただし添加物ではない天然のミネラルを飲みたいと言う人たちには敢えてここでは天然水をおすすめします。

でも・・・RO水にデメリットなど存在するのでしょうか

RO水とはそもそも水の中にある物質をほとんど除去すると言うことになります。それはもともと水に含まれているミネラル成分まで除去してしまうことになります。だからメーカーによっては敢えてRO水に対して、ミネラル成分を添加すると言うことが起こってしまうのです。放射性ヨウ素、セシウムと言った放射性物質の除去も可能と言うことに、RO水の大きなメリットがあります。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.