ウォーターサーバーはやっぱり便利だった

ウォーターサーバーを導入した人たちは、9割程度の人たちが大満足をして導入し続けているというデータがあります。最初はウォーターサーバーの存在自体知らない人たちもいますし、ちょっとどうかしらと思う人たちがいるようですが、是非思い切った決断をここでしていただきたいと思います。

なぜ、今私達の暮らしにウォーターサーバーなのかと言えば、既に水を購入すると言う生活が定着しているからです。キッチンに浄水器をつけている家庭も現在では多くあるのではないでしょうか。そしてドラッグストア、コンビニなどで様々なミネラルウォーターが並び、防災用の為積極的に水を用意するという家庭も増えて来たことでしょう。水道水の水を飲むと言うことが長く続いていた時代もありましたが、段々と衛生面のことを考えても、そのような水を利用しないと言う人たちが増えて来ました。

ウォーターサーバーの普及率が増えた

段々とウォーターサーバーを利用したいと言う人たちがじわりじわりと増えて来ているようです。ただし、一番と言うことではなく、今一番取られている方法と言えば、浄水器を利用する率が高く、半数程度の家庭がそのようです。更に市販でペットボトルを購入する率が高く、次には水道の水であり、ウォーターサーバーが最下位と言うことにはなります。知名度からしてもウォーターサーバーはまだまだその程度と言うことは出来るかもしれませんが、それでもウォーターサーバーに注目が集まっていると言うのは事実です。今後、もっとウォーターサーバーを利用する人たちが増えて来ることも間違いがありません。他の水の方法よりもウォーターサーバーの歴史が浅い為このような結果になったとしても全然不自然なことではありません。

結婚している人たちに支持が高い

ウォーターサーバーは、結婚してる人たち、特に共働きなどしている人たちに支持が高いと言われています。とは言うものの、まだドラッグストアでペットボトルを購入する、浄水器でろ過すると言う方法が率は上ですが、水道の水を飲むと言うことよりウォーターサーバーの率の方が上です。この流れがこのまま全体の流れとなって行くのかと思われます。

そのまま水を飲むと言うことの方が便利は便利なのかもしれませんが、共働き人たちなどは便利さをウォーターサーバーに求めるようになったのです。どんなに便利であっとしても水道水を飲み水とするべきではないと言う判断です。共働きの人たちは、当然日々頑張っていかなければならない人たちであり、お互いに健康のことを気遣うためこのような選択をするのではないでしょうか。共働きの人たちは、今後出産する時のことまで踏まえて、健康の為に、かつ便利なものは何かと言うことを選択ポイントにしています。

ウォーターサーバーは暖かいお湯もすぐに利用出来る

水と言うことなら水道水も利用出来るとしても、ウォーターサーバーには更にすぐにお湯が使用出来ると言うメリットがあります。 浄水器を購入する時、ペットボトルを購入するよりも安い、コスト的に安いと言うことがメリットで導入するようです。

ウォーターサーバーを導入する人たちに、多く聞くことが出来るメリットは、冷水、お湯がすぐに飲めると言うことです。浄水器でもいいと言う人たちは、冷水が飲むことが出来ない難があり、かつお湯を飲む為にいちいち沸かすことをしなければなりません。日常生活で日々冷水、お湯は求められているので、この差はかなり大きいです。そして子供さんがいる家庭において、出来るだけ健康に安全な水を飲ませたいと言う時にウォーターサーバーを利用されます。このようなことを考えて、敏感にウォーターサーバーの導入を決心するのが一番早かったのは共働きの人たちのようです。

それでも私はウォーターサーバーを利用しない

ウォーターサーバーを利用して多くの人たちが大満足をしています。大満足と言わないでも、つけたことで損をしなかったと言う人たちがほとんどです。大満足の理由は、共働きの人たちはやっぱり冷水と温水がすぐに利用出来る事と答える人たちが多く、 更に 玄関先まで届けてくれる、電話一つで翌日配達してくれるという利便性を認めている人たちも多くいます。

ウォーターサーバーを使用しないと言う人たちの理由の中には、ウォーターサーバーを置く場所が見付からないと言うものがあります。ウォーターサーバーは確かに場所を必要とするものであり、このような不満が起こっても理解出来ない訳ではありません。2階にキッチンがあることで持ち運びが面倒くさいと言うこともウォーターサーバーには起こりうることです。替えタンクの受け取りが面倒と言う場合もあるようです。

そして更にはウォーターサーバーを利用している人たちがかけているお金は月に3000~4000円程度が一般的であり、ウォーターサーバーを使用していないと言うことであれば、2000円未満が圧倒的に なります。つまりウォーターサーバーを導入することは、お金が高いというデメリットも考えられることです。 かかるお金が高いと言うのに、ウォーターサーバーをこのような形で利用する人たちが増えてたことに対して、かなり評価すべきではないでしょうか。

妊娠している人たちとウォーターサーバーはかなり相性がいい

妊娠している人たちは、赤ちゃんを既に生んだ時のことまで想定をしてウォーターサーバーを導入するようです。水道には、カルキ、塩素が含まれています。日本の水は、厳しい規準があるため基本的には安全と言われていますが、放射能、ダイオキシンのことなど考えると本当に安全と言えるでしょうか。トリハロメタンの発生の原因も塩素に指摘されていますので、腎臓に負担をかけていないわけでもありません。気にする程でないというものの、妊娠している人たちならどうしても気になってしまう問題なのではないでしょうか。

つわりなど起こる人たちは、敏感な人なら、カルキ、塩素の臭いが駄目と言う人たちもいます。少しでも妊娠している人たちが臭いを回避したいと言うのなら、浄水器、ウォーターサーバーを設置すると言うことをおすすめします。

水道でも赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか

実際に赤ちゃんが生まれた時、粉ミルクを作る時、水道水と言うので問題はないのでしょうか。赤ちゃんの場合、ミネラルが多く含まれていることによって、排出が難しいと言うことで腎臓に負担をかけるケースが多いようです。 日本の場合、中程度の軟水と言うことなのでそれ程、使用することに問題がある訳ではありません。ですけどこのような時、塩素のことを気にして、沸騰したものを使用することをおすすめします。その都度沸騰させて使用するようにしましょう。

更に水道水の場合、ダイオキシンや放射性物質の問題を重視しなければならない時代と段々となって来たようなので、昔と多少変化が出てきたという言い方も間違いではありません。普通の人たちなら大丈夫ですが、妊娠している人たち、赤ちゃんの為にはやはりウォーターサーバーを導入する姿勢は正しいと言えるのではないでしょうか。気になると言うのなら兎に角ウォーターサーバーの導入を一度考えてみてください。導入すればウォーターサーバーをつけて良かったと思っている人たちがとても多いのですから。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.