ウォーターサーバーか浄水器か設置で考える

ウォーターサーバーを敬遠する理由の一つのに設置場所のことを言う人たちがいます。確かにそれがウォーターサーバーのデメリットと言えないことはありません。ウォーターサーバーの設置には、設置にはA4ノート2冊分のスペースが必要になります。更にボトルを保管する場所もウォーターサーバーの場合、用意しなければなりません。浄水器がどうなのかと言えば、蛇口取付型、ビルトインタイプは全くスペースを必要としません。ただし、浄水器にも、据え置きタイプがありそのような場合にはある程度スペースは必要になって来ますが。設置と言う問題なら、ウォーターサーバーより浄水器が勝ちと言うことは否定出来ない問題です。

水の品質を考える

ウォーターサーバーと浄水器を水の品質という面で捉えて行けば、ウォーターサーバーの方が圧倒的勝利です。ウォーターサーバーの水は飲む為に一番安全、美味しい水ということで開発されているからです。そしてウォーターサーバーなら、数種類ある天然水から、お気に入りの水を選択することも可能です。 ミネラルを多く含んだ水、バナジウムを含んだ水なども、ウォーターサーバーの水の中から選択が出来ます。

浄水器にそれが出来るかと言えば、ただ浄水器の場合は、ある水を浄化させているに過ぎません。更にウォーターサーバーの水ではRO水を扱っている場合もあります。RO水とはReverse Osmosisのことであり、逆浸透と言う意味を持ち、逆浸透の RO膜でろ過された水のことです。その水の中には一切不純物もなく、より安心、安全な水を求めていくことが出来ます。浄水器の場合、ろ過と言うことまでを期待することは出来ます。

ろ過することによって塩素などの化合物を除去することは可能です。しかしもともとが水道の水と言うことで、どうしても頑張っても限界が見えてしまうことになります。浄水器がここにあるからと安心している姿勢に危険があり、不純物がフィルターに蓄積され続けて、限界に達することにより、悪質な水に変わってしまうと言うことも想定しなければなりません。こまめなカートリッジの交換を要求されてウォーターサーバーを設置するのとそれ程、面倒くささが変わらないと言うことにもなるのかもしれません。水により以上拘りをもった生活をしたいと言うのであれば、間違いなくおすすめ出来る方法はウォーターサーバーを導入すると言うことです。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.