ウォーターサーバーは安心して使用することができるのか

ミネラルウォーターが安心と思っている人もいるかもしれませんが、水道水とはミネラルウォーターは違い、大腸菌など雑菌が繁殖すると言うことがないので、塩素で消毒する必要が敢えてありません。それだけピュアな水を楽しむことができます。

しかし、塩素が入っていないことは、不安要素でもあり、一度ボトルを開封することによって、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。ウォーターサーバーはどうなのでしょうか。ボトルの種類によっては、ウォーターサーバーを利用するたびに貯水ボトルの中に、空気が入り込むタイプのものがあり、空気が入り込むことによって、雑菌をタンクの中に侵入させてしまうことになります。塩素が含まれていない為に、雑菌が住むためには適した場所と言えないことはありません。

そのため、ウォーターサーバーのメーカーでは、更なる工夫が問われ、現在では、空気中の雑菌を取り除くよう配慮してウォーターサーバーもあり、更に侵入しないようにフィルターを取り付けたウォーターサーバーもあります。空気と水が出来る限り接近しないように設計されたウォーターサーバーもあります。

ペットボトルより ウォーターサーバーが安全?

ペットボトルの場合、ついボトルをコップに移すことがなく、そのまま口をつけて飲むケースが少ない訳ではありません。自ずと口から雑菌がペットボトルへと移り込んで行くことになります。ウォーターサーバーは、そのような意味で、ウォーターサーバーに直接口をつけると言うこともありませんので安心です。

ウォーターサーバーを定期的にメンテナンス

より安全性をウォーターサーバーを追求する為にはメンテナンスも欠かせないことになります。ウォーターサーバーを導入すれば、必然的に年に1~2回サーバー業者による定期メンテナンスが行われることになります。ウォーターサーバーのメーカーによって、年に一回、二回、更に二年に一回などばらつきはあることはありますが、兎に角安全性を追求する為に、業者もしっかり衛生面という問題に向きあっています。 機会内部まで分解して徹底的にメンテナンスをしてくれたり、新品に入れ換えると言う作業を行ってくれます。ただしメンテナンスには料金が発生する場合もあり、業者がしっかり負担してくれる場合もあります。請求しないケースではウォーターサーバーのレンタル料金に既にそのお金が含まれているケースが多いようです。このあたりのことをウォーターサーバーを導入する時にチェックして欲しい部分です。

ガロンタンクと呼ばれる硬めのプラスチック素材を使用しているウォーターサーバーの場合、空気がどんどん中に入り込むと言うデメリットがあります。 軟質ポリエチレンを使用したフィルムタイプの場合、水を使用すれば、どんどん本体そのものが小さくなって行くという仕組みの為、小さく折り畳むことが出来、スペース要らずと言うことだけでなく、雑菌が中に侵入しないというメリットを持っています。もちろかガロンタイプのものに対してもウォーターサーバーの業者は、衛生と言うことをしっかり配慮してくれています。ただしより以上、給水ボトル内の衛生と言うことを気遣うのであれば、フィルムタイプの給水ボトルを選択すると良いでしょう。

赤ちゃんのいる家庭はどのようなウォーターサーバーを選択すればいいのか

赤ちゃんがいるから真剣に衛生という問題は考えていかなければなりません。ウォーターサーバーはもちろん水道、ペットボトルよりも安全性が優れています。福島原子力発電所の事故があり尚更、水に対しての不安は努力して解消していかなければなりません。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.