ウォーターサーバーの持つメリット

もちろん、ウォーターサーバーには、大きなメリットが存在しているから、多くの人たちが現在この機器に関心を持っています。便利そう・・・だけど実際にどうだろうと思っている人たちも多くいるようです。ウォーターサーバーのメリットは、もちろん美味しい水が一番手軽な方法で手に入るということなのではないでしょうか。

水道水も日本の場合はかなり安心して飲むことが出来る方ですが、それでも地域、マンションによって美味しくない水の場合があります。水が美味しいというだけでこれ程までに私達は幸せな体験が出来てしまうのです。料理にも影響する問題なので、段々と水に対してお金をかけるモチベーションは高まって来たようですね。放射能の問題も震災後、懸念される問題となり、ウォーターサーバーに関心度は高まって来たと言われています。

そしてウォーターサーバーは宅配されるから、いちいちドラッグストアでペットボトルを購入という手間を省くことが出来ます。ペットボトルをドラッグストアで購入した場合、ペットボトルを使用した後捨てるという問題も実際に頭を抱えている人たちがいます。ウォーターサーバーなら、そのような問題を回避することが出来ます。

水だけでなくウォーターサーバーならお湯も使用出来ますし、備蓄するという為にもウォーターサーバーは有効利用出来る方法です。そして更にウォーターサーバーはオシャレということで利用する人たちが段々と増えて来たと言われています。

しかしウォーターサーバーのデメリットもしっかり知るべき

しかしウォーターサーバーにデメリットも存在しているので、そのことも知り、みなさんには正しい判断でウォーターサーバーを導入していただきたいと思います。ウォーターサーバーの一番のデメリットは、やはりウォーターサーバーを置くとなれば場所を考える必要があります。場所のことなど考えず導入してしまった人たちは、後から置けなかったということにもなってしまうので呉々も用心をしていただきたいと思いますが。

一般的なタイプで幅、奥行きがそれぞれおよそ30から40センチ、高さはおよそ1メートルなので、その程度のスペースが存在しているか否かしっかりまずご自身の家をチェックしてください。それ程大きいということではありませんが、やはり真剣に考える必要があります。

そして一番安い方法というのなら、水道水ということになりますが、ウォーターサーバーを導入した場合、どうしてもランニングコストがかかるということがデメリットです。ボトルは12Lで1500円前後がかかりますので、インターネットでペットボトルをまとめて購入という方が安くつくケースを見付けることが出来るかもしれません。

ウォーターサーバーは、冷水、温水利用出来て便利と言いましたが、それを常時利用する為に、24時間365日電気代が必要となります。ウォーターサーバーによって差があると言われていますが、350円~1000円程度の電気代もプラスして想定しなければなりません。ボトルの料金だけでなく電気代もプラスして考えていかなければなりません。

そしてウォーターサーバーは衛生の問題として優れているという訳でなく、衛生をしっかり維持する為に、 雑菌が繁殖する危険を回避していかなければなりません。ガロンボトルというものがあり、使用するたびにボトルの中に空気が入ってしまうことにより、衛生面で欠けるとも言われています。ウォーターサーバーはみなさんが思っている以上雑菌が繁殖しやすいもののようです。しっかりメンテナンスという面倒くささがここにない訳ではありません。メンテナンスということになれば、その為の費用を抽出するということを考える必要がある場合もあります。 そのような時、どれ程費用がかかるのかというのもウォーターサーバーを導入時点であらかじめチェックしなければならないことなのではないでしょうか。

ウォーターサーバーは安全か

ウォーターサーバーが本当に安全かということも、赤ちゃんを育てるお母さんの立場から追求していかなければならない問題です。ウォーターサーバーは、幼児、赤ちゃんには決して安心出来るアイテムということではないようです。温水のレバーを触って火傷をしたりというケースが時々起こっているようです。 チャイルドロックや転倒防止機能がついているもので、しっかり赤ちゃんに対しての安全性を追求するということもとても大事なことです。

ウォーターサーバーを導入したけど、結局ウォーターサーバーをあまり使用しない生活が作られることによって、大きなデメリットを生みます。定期購入制度の場合、水がまだ余っているというのに次の水が自宅へ届き、どんどん悪循環を招くことになります。そして意味もなく24時間365日電気代も消費されることになりますし。本当に使用する自信があるかということも考えていかなければならない問題なのではないでしょうか。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.