ウォーターサーバーにもデメリットが存在ているのか

敢えてここでは、ウォーターサーバーのデメリットをお話しします。みなさんは、メリットを知り、かつデメリットを知って真実を知っていただきたいと思います。そしてウォーターサーバーって別に大したことがないと思うのも方法です。しかしきっとウォーターサーバーには、それでも利用したいと思う魅力があるはずです。

そのウォーターサーバーはコストはやっぱり高い?

水を飲料水として利用する場合、何よりも一番安い方法はと言えば水道水の水と言うことは言うまでもありません。更にウォーターサーバーは、市販でミネラルウォーターを購入するよりも高くつくと言われています。水道水で赤ちゃんのミルクなど作る場合は、やはり最低レベルで浄水器のカートリッジなど用意する必要があります。大体そのようなカートリッジは4000円程度で購入が出来ます。実際に生活で使用するのは赤ちゃんのミルクだけではありませんので、 1日に10リットルくらい水を使用するとすれば、カートリッジの交換は4ヶ月程度に一度と言うことになります。赤ちゃんのミルクを作る為には、ポットで温めると言うこともしなければならない為、月の電気代を計算すれば、1000円程度のお金がかかることになります。水道水は一年間に計算をすれば、24000円程度はかかると言われています。

ミネラルウォーターの場合はどうなのだろうか

ミネラルウォーターなら、2リットル程度のものを購入すれば、150円程度の料金になると思います。月に25リットル程度を、赤ちゃんのミルクのことも含めて考えると、1875円程度のお金がかかることになります。ポットの電気代を含めると一年では34500円程の料金になります。

ウォーターサーバーならどの程度の料金がかかるのか

次にウォーターサーバーならどの程度の料金がかかるのかという話しに移ります。水はあるメーカーの古都の天然水で12リットルで1848円です。赤ちゃんのミルク作りのために月に25リットル程度使用するとなれば、3850円、 月の電気代が500円程かかり、1年間では52200円というお金がかかることになります。

何だかんだ言いながら一番画期的商品であるウォーターサーバーがお金がかかると言うことになり、それが大きなデメリットだと指摘をする人たちは多くいます。ウォーターサーバーって、赤ちゃんのミルクを作るためにとても安心で、便利と言うもののコストの面では、犠牲にしなければならないことがあるようです。

設置する為のウォーターサーバーの問題点

更にウォーターサーバーを設置したいと思うものの、置くための場所が必要になります。最近では小さなタイプが多く出回るようになり、昔ほどスペースに煩わしさを感じることもなくなったと言われていますが、それでも約50センチ四方のスペースが必要になります。更にコンセントの用意は出来ているでしょうか。

ただし、一人暮らしの人たちには、最近卓上タイプのものがあり、チェストの上などに置くことが出来るから大変便利です。

たまにウォーターサーバーから水漏れがすると言う声を聞くこともあります。しかし、これは稀なケースであり、ウォーターサーバーの構造は至ってシンプルなのでそれ程心配する問題ではありませんが、タンクやジョイント部分の弁に亀裂が入ることで水漏れを起こすと言われています。子供さんがいる家庭などウォーターサーバーにぶつかったりすることで、このような故障が起こることも想定出来るので注意をしていただきたいと思います。定期的にウォーターサーバーをメンテナンスすると言うモチベーションも大事なことかもしれません。

ウォーターサーバーはボトルの交換が必要 やっぱりデメリットはあるのか

更にウォーターサーバーはボトルの交換をしなければならないと言うデメリットを抱えています。非常にありがたいと多くの量を使用する程、ボトルの量も必然的に重たくなることも回避は出来ません。大家族でウォーターサーバーを使用する時、やはり一人でボトルを交換することは大変と言うことになってしまうのではないでしょうか。大家族でウォーターサーバーを利用する場合、ボトルを交換する時も家族が一致団結して協力するようにしてください。家族がボトルの交換まで深く関わることによってより以上ウォーターサーバーの有り難みを痛感することになるはずです。

メーカーによれば、ウォーターサーバーはメリットばかりと言うかもしれません。しかしそのような商品を導入することによってこんなはずではなかったと言うことにどうしてなってしまうことになります。やはり、私達はメリットと同時にしっかりデメリットを追求しなければなりません。更に複数のメーカーがウォーターサーバーを出しているので、どのようなウォーターサーバーがみなさんにとって理想なのか比較することによって追求をしていただきたいと思います。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.