ウォーターサーバーはメリットだけではありません

ウォーターサーバーのメーカーの広告など見ていると、メリットばかり書かれている為、逆に本当にウォーターサーバーとはそんなに優れているものかと疑う人たちも出てきてしまうのではないでしょうか。確かに、ウォーターサーバーにはメリットが多いですが、デメリットも存在します。みなさんはメリットも知り、デメリットも知り、正しい判断でウォーターサーバーを利用していただきたいと思います。

ウォーターサーバーのデメリットと感じる部分は、設置には費用や設置場所、ボトル交換が必要となることです。もちろんウォーターサーバーを設置すると言うことはただではありません。レンタル料金はただと言う場合でもボトルを購入する為にお金を支払いすることになります。機器のレンタル料金がかかることもありますし、年間のメンテナンス料金がかかると言う場合もあります。そしてウォーターサーバーがあまりメリットがないと言うことで解約しようと思えば、解約料金が取られることもありますので注意が必要です。毎月電気代がかかると言うこともチェックしなければならないポイントであり、総合評価をして、どのウォーターサーバーがいいかという選択をしていかなければなりません。

まず、どのようなウォーターサーバーがいいかという選択でも、現在ウォーターサーバーはいろいろなメーカーより販売されている為、基礎知識をつける必要があり、それが面倒くさいと言う人たちもいます。多く存在しているから、すんなりウォーターサーバーを購入することも出来なくなってしまったようです。

ウォーターサーバーの設置場所が必要

誰でもウォーターサーバーが置けると言うことではなくて、ウォーターサーバーを置く為にはスペースが必要だと言うことも意識しなければならない問題です。サイズが家に合うかどうか慎重に選択をしなければなりません。ウォーターサーバーの大きさは一般的なタイプなら幅・奥行きがそれぞれおよそ30?40センチほど、高さはおよそ1メートルほどあります。それ程大きいということではありませんが、後で置き場がないと言うことにも大いになりうる大きさです。 ボトルの問題も真剣に考えていかなければなりません。ウォーターサーバーは量によって、ボトルの大きさも変わって来ます。家族が大人数でなら、協力しあって問題も起こらないかもしれませんが、一人と言う人たちは、ボトルの大きさを慎重に考慮しなければなりません。

ランニングコストは大丈夫?

ボトルは12L入りで1500円前後という料金が定期的に発生することになります。そして意識しなければならないことはボトル料金だけでなく、電気代もです。一ヶ月で約350円から1000円ほどかかると言われていますので、ボトル代と同時に検討しなければならない問題です。ウォーターサーバーは、水道水のように殺菌のための塩素が使用されていない為、雑菌が繁殖するリスクを追求していかなければなりません。塩素が使用されていないと言うことで、カルキ臭いと言うことはありませんが、ガロンボトルの場合、特に注意をしなければなりません。 水を使用するたびに、空気が中へ侵入してしまうためです。ウォーターサーバーだから衛生管理は万全と言うことではなく、尚更慎重になる必要があります。だからメーカーも積極的に年に一回程度メンテナンスを行っていますが、費用もかかり、そのようなこともあらかじめ調査する必要があります。

妊婦の人たちにどのようなデメリットが存在しているか

妊婦の人たちにどのようなデメリットがあるかと言えば、今までお話ししたことは全部、あてはまることであり、衛生面の問題では、赤ちゃんの為に、より慎重になる必要があります。かつ今後赤ちゃんが成長し、部屋の中で遊び回る時のことまで想定して、安全性ではどうかと言うことを追求していかなければなりません。

赤ちゃんが招く事故と言うものも想定しなければなりません。温水のレバーに触ってしまい、火傷をすると言うことも実際に起こりうる問題です。ウォーターサーバーが転倒して、赤ちゃんが下敷きになると言うこともあります。 ウォーターサーバーには、チャイルドロックや転倒防止機能などついている赤ちゃんに優しいものも販売されているので、そのようなものを注目していただきたいと思います。

ウォーターサーバーは妊婦の人たちにもとてもメリットがあり、便利です。しかし、ウォーターサーバーは日常生活において使用されなければ決して意味あるものではありません。使用しなければ、ただ損だと言うことになってしまいます。ウォーターサーバーには、水の定期購入制度があり、水を現在使用していないと言うことであっても、新しい水が次月には届けられると言うことになります。使わなければ間違いなく大きな損が生まれることになります。違約金にも注意が必要です。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.