手軽で安全と言われるウォーターサーバーだけど

ウォーターサーバーは、手軽で安全ということで、お母さんたちにも大変評判です。妊娠している人たちもウォーターサーバーに注目し、赤ちゃんのことを考えて、一番安全な水はやはりウォーターサーバーだと決定するようです。赤ちゃんの為に、ミルクを作るのにウォーターサーバーはお湯も使用出来て、冷水も使用出来るので大変便利です。

そして子供さんがあまりジュースを頻繁に飲むということもいいことではありません。子供さんの頃よりしっかり水を飲料水として親しむことが大事なことです。水こそが人間の原動力とも言えるのです。

しかし、現在、ウォーターサーバーのメリットばかりが囁かれるようになった一方で、段々とこのようなニュースを聞く機会も増えて来たという人たちもいます。

ウォーターサーバーは火傷をする

ウォーターサーバーに乳幼児などが近付き火傷をするというケースがたびたび起こっているようです。NITE(製品評価技術基盤機構)が安全確認を徹底する為に、利用者に対して注意喚起している事実もあります。 2012年度と2013年度は10件以上事故が発生したというもはや弁解の余地のない事実があります。 そして事故を起こしている人たちの大半が幼児だということにも注意をしなければなりません。レバーをまとめて握ってしまう、そして蛇口の締め付けが悪く、蛇口が外れて熱湯によって火傷をするケースなどです。

何に注意をしなければならないかと言えば、ウォーターサーバーのメーカーが今後改良の余地を考えていかなければならないという問題もあるかもしれませんが、当面は、ウォーターサーバーに乳幼児を近づけないという配慮です。やはり、現在はウォーターサーバーを使用する人たちが、しっかりより安全性に配慮しなければならないということになります。乳幼児をウォーターサーバーに近づけないという姿勢がとても大事なことになります。

「チャイルドロック機能」がついている

「チャイルドロック機能」がついているから、しっかりウォーターサーバーのメーカーは安全性のことを考えてはいます。しかし、中には、チャイルドロック機能が安全に機能しないものもあるので注意が必要です。チャイルドロック機能はあるものの、子供さんがすぐにチャイルドロック機能を外すことを覚えてしまう場合もあります。 子供さんにチャイルドロック機能の解除の方法を極力見せないようにするというのも大事なことです。それでも子供さん見てないふりをして見ているので、もっと用心してウォーターサーバーの安全性を追求していかなければなりません。子供さんは、そのようなアドベンチャーを経験して大人に成長て行くというものの、怪我をすれば、元も子もありませんし。

子供さんをメーカーは守ることはできない

お母さんたちがウォーターサーバーを導入したからには、しっかり子供さんを守る意識も大事になって来ます。給水レバーというものが、子どもの目の前にあるから、子どもの目を引いてしまうということも理由の一つとしてあります。 問題解決はそれ程難しくなく、子どもの手の届かない場所に給水レバーがあればいいということになりますが・・・。

二歳までの乳幼児に特にウォーターサーバーを利用しているお母さんは用心していただきたいと思います。二歳の子供さんは、平均で105cmまで手が届くと言われていますので、ウォーターサーバーは、ほとんどの場合手が届くということになります。ウォーターサーバーのメーカーも決して改良が無理ということでないなら、今後改善していかなければならない問題です。

そして探せば、二歳の乳幼児が届かない場所に、給水スイッチのあるウォーターサーバーがあるようです。そして現在このようなニュースが囁かれるようになり、お母さんたちはそのようなウォーターサーバーに目を向けるようになって来たようです。給水スイッチがウォーターサーバーの本体の上にあることで問題は解決出来るはずです。 平均105cmという場所をクリアすることができれば、このような事故は難なく回避出来るはずです。

ウォーターサーバーは、安心、安全、美味しい水が飲むことが出来るもののはずです。しかし実際に蓋を開ければ、そうでないケースが頻繁に起こっているということになります。ウォーターサーバーは、メーカーも、使用する人たちも、子供さんが側にいれば、より安全性のことを追求していかなければなりません。ウォーターサーバーを利用する人たちは、是非、そのような安全性の高いウォーターサーバーが存在しているということに注目をしてください。どんな安全だと言われる機械製品だとしても、認識のない幼児が側にいれば、それが凶器となることもあります。 それでも必ずしっかり幼児を監視する親の目というものも必要になって来るはずです。それが実現できないとウォーターサーバーの安心生活など送ることはできません。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.