ウォーターサーバーの種類

以前ならウォーターサーバーって公共の場でしか見ることがなかったのかもしれませんが、今、極々自然に一般的家庭にも登場するようになりました。ここに大きなニーズがあるから、更にメーカーではいろいろなウォーターサーバーを私達に提供してくれるようになったのです。

業務におけるウォーターサーバーでなく、個人のみなさんそれぞれのライフスタイルに合わせたウォーターサーバーが次々と登場しています。デザインでウォーターサーバーを選択すると言うのも一つの方法です。

インテリアとしてのウォーターサーバー

ウォーターサーバーのデメリットと言えば、家に設置をすればスペースを取ることかもしれません。置くことによって圧迫感を部屋に与えてしまう可能性があります。以前なら色も選択がなかなか出来ないで、形の真四角と言うことに窮屈感を感じていたのかもしれませんが、現在はそうではありません。赤や青、黒、白、更にピンクと言う色から、好きな色が選択することができますし、スリムでインテリアにさりげなく溶け込むことができるもの、ラウンドタイプで優しさを感じるもの、アルミニウム製で出来ていて都会的なハイセンスを感じさせるものなのが続々と登場して来ています。

ウォーターサーバーボトルの種類をチェック

以前ウォーターサーバーはリターナブルタイプのガロンボトルが主流でした。更に現在ではメーカーがいろいろ工夫して様々な材質・形状のウォーターサーバーボトルが登場することになります。ガロンボトル・ リターナブルボトルとは、ボトルを回収して再利用するものを言います。一番一般的ボトルのことです。3ガロンサイズ約12リットルが一番多く出回っている種類です。ただし、メーカーによっては、5ガロンの大容量のものも出ています。 使用したボトルに対して、メーカーが回収して、しっかり洗浄も行わなければならない為、ボトルには複数回の使用に耐えることの出来る強さが求められていきます。 したがって硬質プラスチックのものが多くなって来ますが、中にはPET素材で作られたものもあります。

一方では大容量ペットボトルがあります。 ワンウェイ・収縮タイプと言うものもここに含まれて来ます。このような種類のものは市販で販売されているペットボトルと同じ素材で作られているケースが多いです。使い捨てタイプのボトルであり、使用すれば縮むタイプのものもあります。

再利用するガロンボトルか、使い捨て可能のワンウェイボトルか

ガロンボトルとは、再利用することができるタイプのボトルのことを言います。ボトルは再利用されて行きますので、ゴミが出ないと言うメリットがあります。しかし、ボトルが回収されるまで待つ必要があり、その間保管場所に困ると言うことも起こるかもしれません。 ウォーターサーバーの業者によっては、ボトルを縦に積むことができるように、間に置くものを貸し出ししてくれたりする場合もあります。兎に角、ボトルをどのように保管するかと言う問題はウォーターサーバーで考えていかなければなりません。最近ではガロンボトルの素材に対して問題が問われています。人体に影響を及ぼすと言うことが言われ、ゴミが出ない地球に優しい方法ではありますが、人体に影響があると言うのでは元も子もないので、今後正確に追求していかなければならない問題です。

ワンウェイボトルの場合は、水を飲み終わった後の空ボトルは、業者が回収すると言うことではなく、資源ゴミにそのまま捨てることができます。ボトルの素材は、やわらかいポリエチレン製やPET樹脂です。水を使用した後は、容器が潰れる仕組みになっています。捨てる時には便利に小さくなって行きます。ワンウェイボトルを使用するメリットは、衛生的であり、ボトルは常に新鮮なものを使用することができます。ただワンウェイボトルはいちいちゴミとして出す面倒くささがあります。しかし最近はワンウェイボトルを利用するウォーターサーバー業者が増えて来たようです。

ウォーターサーバーはボトルを置くスペースが必要

ウォーターサーバーを置くと言うことだけでなくボトルをどこに置けばいいかと言うことも同時に導入時に考えていかなければならない問題です。通常、2~3本で置くと言うことが一般的ですが、災害時などのことを考えて、更に備蓄しているような家庭もあります。 4人家族なら30リットル分程度、12リットルボトルで3本くらいのストックが理想と言えば理想です。ボトルをうまく収納することができるように、収納できるパレットを無償で貸し出しをしてくれる業者もありますが通常の場合は、棚などご自分で用意する必要があります。特に交換するタイプは、ストックボトルと、空ボトルの両方の収納場所をしっかり考えていかなければなりません。

ウォーターサーバーの安全性などしっかり追求する意識が高い程、このようなスペースの問題は軽視されがちなので注意をしてください。結構ウォーターサーバーを導入してから気がつくと言う人たちも多くいます。取り敢えずこの問題解決の為にも、ストックスペースのそれ程必要がないタイプのものを選択することが対策です。それは、交換されるボトルタイプを選択すると言うことではなく、使い捨てのワンウェイボトルを選択することにメリットがあります。 ワンウェイボトルでも大きいボトルタイプでは収納スペースが必要になって来ますが、パックタイプであればわずかな場所があれば収納可能です。

ウォーターサーバーをどのように選択して行くか

ウォーターサーバーを選択する時に、美味しい水、安全な水をどの業者が提供してくれるかと言うことで多くの人たちが選択をしますが、最終的にそのような選択では後悔することになりますので注意をしていただきたいと思います。今、更に新しいウォーターサーバーが登場して、廊下の小さいクローゼットに収まるものものもありますので、是非追求してみてください。ボトルが収まりきらず、廊下、玄関にストックボトルがあるような状態は、とても邪魔で生活でストレスを作る要因となります。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.