そろそろ離乳食を用意しなければならない

赤ちゃんが生後、五ヶ月あたりより、お母さんは俄然、離乳食を作らなければならないモードになり忙しくなって行きます。赤ちゃんがしっかり食べ物を食べるように成長して行く為に、まずはドロドロとした感じの食べ物をあたえて行くことになります。離乳食は水分を多く含んだ食べ物ということなので、離乳食に使う水は出来るだけ配慮をしなければなりません。水道水は塩素殺菌をしているということで最近のお母さんはちょっと躊躇する人も多くいるようですね。そしてあの大震災があって、原発の問題も不安要素を抱えています。赤ちゃんにだけは絶対に安心出来る方法を選択したいと思っているお母さんがとても多いようです。

離乳食にどのような水が一番おすすめか

そして結果お母さんはどのような水を離乳食の為に選択をしているのでしょうか。ここでペットボトルと思うお母さんもいるでしょう。 確かにペットボトルも赤ちゃんの為に方法の一つです。ただし、ペットボトルも正しい選択をしなければ腸が未熟な赤ちゃんは、ペットボトルの水が原因で身体を壊すということがあるようです。

愛する赤ちゃんの為にどのような水を選択しなければならないかということですが、RO水や刺激が少ない軟水のミネラルウォーターが一番と言われています。このような水が簡単にペットボトルとして入手出来ない為、お母さんは最近ウォーターサーバーに目を向けています。

ウォーターサーバーを導入することに場所なども必要ですし、一度導入することですぐに中止も出来ないと言う面倒くさい感じもないではありませんが、それでも決断すればウォーターサーバーのない頃より全然快適ライフを送ることが出来ます。何しろ一番のメリットは、お母さんが使いたい時に、熱いお湯も冷たい水も使用出来ると言うことです。いちいちお湯を沸かすという手間から24時間365日解放されることが出来ます。赤ちゃんのいるお母さんは、離乳食の問題だけでなく、いろいろ赤ちゃんの面倒を見る為に忙しいため、このような作業が省けることは本人に有難いと思っている人たちも多いようです。

離乳食を作る時だって、ここにすぐに出るお湯があるから、おかゆ、スープなど自在に簡単に作ることが出来てしまうのです。離乳食を作るというのは日々のことなので、一日数分でも短縮出来る事で、本当に大きな時間削減が出来ることになります。

離乳食の味の調整もウォーターサーバーがあれば万全

軟水であり、不純物や放射性物質、ダイオキシンの恐れもなく使用出来るものがウォーターサーバーのメリットです。いつでもお母さんが安心して使用することが出来ます。 離乳食を作る段階からウォーターサーバーを有効的に利用出来ますが、離乳食を実際に作って後から味が濃い時など、ウォーターサーバーの水を使用して薄めるということも出来ます。それも手軽にコックをひねればお湯が使えるということに大きなメリットがあります。

更に赤ちゃんに対して、そのままウォーターサーバーの水を飲ませるというのも可能です。冷水というのなら赤ちゃんに刺激があるかもしれませんので、お湯で薄めて調整してぬるま湯で与えるのがベストな方法です。赤ちゃんなら、ジュースというよりは適温にした白湯を飲ませることにメリットがあります。

そしてそのような水に親しむ生活をすることによって、虫歯にならない健康な子供さんにすることも出来ます。お母さんが赤ちゃんの為にウォーターサーバーを導入し後の満足度が非常に高いと言われています。ウォーターサーバーを導入するなら、やはり妊娠時を通して考えることにメリットがあります。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.